冷え性は体質的なものだから仕方ないと諦めている人も多く、対症療法しか行っていない人も多いようですが、冷え性は改善できるものですので、少しでも改善したいものです。その改善方法の一つに、服装があることでしょう。服装といえば、冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)を防ぐための防寒に過ぎないと考えている方もいることでしょうが、服装選びによって冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)が改善することも可能になります。逆に言えば、服装によって冷え性になっている女性も大変多いということを知っていただきたいのです。特に若い女性の場合、真冬の寒い時期でもファッション性を優先してミニスカートを履いたり、素足で過ごしたりという人も多く、そういう事が原因で冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)になってしまう人も意外と多いのです。また、スタイルをよく見せるためのボディースーツやガードルなど、身体を締め付ける服装も体の血行を妨げる原因となるため、冷え性を悪化させる要因となるのです。冷え性では、特に下半身の冷えを防ぐことが重要です。ですから、本来は腹巻や毛糸のパンツなどは、冷え性対策として非常に効果的なものです。それに、冬場には薄手のストッキングや素足に靴下よりも、厚手のタイツやレギンスなどの方が効果的と言えます。そういう点では、少し前までは考えられなかった「スカートの下にレギンス」というファッションは、冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)には嬉しいコーディネートといえるでしょう。レッグウォーマーなどで足首を包み込むのも、冷え性の改善にはオススメですー